全体朝礼より

令和4年6月の講和

更新日:2022/06/03 11:12 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「GW後のコロナ感染症の傾向とこれからの対応」でした。

俊野常務の講話「マスクとの付き合い」から

 皆さんおはようございます。

 5月22日に2年半ぶりに卓球の大会に出場しました。
松山選手権という大会で、中学生から社会人の選手それに年代別70歳代の人まで500人以上が参加した大会でした。私は男子60歳代の部に出場しましたが、開始時間や場所が細分化され他人との接触をなるべく避けるようにコロナ対策が工夫されていました。

 試合の方は接戦に持ち込みながらも詰めが甘く、残念ながら予選リーグで敗退してしまいました。試合をしたことで課題が明確になりこれから頑張ろうと思っています。

 しかし問題は試合後の審判でした。4人1グループで、試合する2人、審判1人、フリー1人で試合を進めていくのですが、私はフリー、試合、審判、試合、審判、試合、フリーという割り当てでした。

 1試合目接戦で敗北し、すぐマスクをつけて審判をしました。2試合目はフルセット戦った末に敗北、そしてまたすぐに審判だったのですが、マスクで蒸れて暑くて、汗がとまらなくなってしまいました。そのあとも試合があるので、たまらずゲーム途中で審判を交替してもらいましたが、倒れるかと思いました。

 厚生労働省の指針でも、屋外の場合は、通勤やランニング、サイクリングなど会話がほとんどない場合はマスクの必要なしとなっています。また会話をしても2m以上離れていればマスクの必要なしとなっています。しかし、そうは言っても、人の目が気になってなかなかマスクを外せないのが実情です。

 実際マスク着用時と外した場合で、深部体温の上昇はさほど変化がないそうで、熱中症のリスクが格段に上がるというわけではないようです。しかし顔面の温度と湿度の上昇により不快感は増しますし、心拍数や呼吸回数は明らかに増えるので、体調不良になることもあるそうです。

 これから梅雨に入り、気温も上昇し湿度も上がってきますが、医療従事者としてマスクとうまく付き合っていかなければなりません。体に負担をかけないように水分補給や休息を入れながら体調を整えましょう。

令和4年5月の講和

更新日:2022/05/19 17:27 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「福利厚生について」でした。

俊野常務の講話「気付きと手入れ」から

 昨日の子どもの日は立夏でしたが、文字通り新緑がまぶしくなって夏の始まりを感じるようになりました。冬の間は枯れ木のようになっていた駐車場の欅も葉が茂りはじめ、雑草はひいてもすぐに生えてきて生命力の強さを感じます。

 しかし今年は駐車場のソメイヨシノは咲きましたが、結和会となって以来13年間咲き続けてくれた中庭の八重桜は咲きませんでした。先日、肥料をやって消毒もしておこうと行ってみるとほとんど枯れた状態になっていました。ソメイヨシノには、昨年も肥料をやったり消毒をしたりしましたが、八重桜は例年きれいに咲いてくれていたので油断して1回消毒をしただけですましていました。日当たりが悪くなったことで樹勢を弱めてこともあると思いますが、管理を怠り手を抜いていたことが原因ではないかと反省しています。

 私自身も健診までは多少の食事制限と運動を継続していましたが、終わってから気が緩み、続けているのは脂肪を減らすというサプリだけですが、残念ながら全く効果がありません。おかげさまでこのような体になってしまいました。(ベルトからお腹がはみ出る)

 また今日からCTとX線撮影装置が新しくなります。スピードアップして非常に便利になると思いますが、高額の保守契約をすることになります。常に正常な状態をキープするためには必要なことなのでやむを得ないことですが勿体ないとも思います。

 皆さんの周りにもパソコンや様々な機器があると思いますが、壊れてからでは業務に支障をきたしますので何か変だなと気づいたら丹生谷課長に相談するなりして対策を取ってください。気付くこと、そして手を打つことを速やかに行えるようにしましょう。

 気づかないのも、気づいても手を打たないのも、同様にあってはならないことだと思います。

令和4年4月の講和

更新日:2022/04/07 18:33 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「新年度を迎えて」でした。

俊野常務の講話「新年度の目標設定」から

 皆さんおはようございます。今日から新年度を迎え気持ちを新たにするところ大だと思います。

 今日の職場の教養にも「新風を吹き込む」とありましたが、当院でも新たに入職してくださった方や昇格した皆さんがいらっしゃいます。そんな中で全員一丸となって、あらためて病院の理念を共有し、実践していってほしいと思っています。その手段の一つとして各部署の目標やマナーアップの目標があるわけですが、目標を明確に理解して具体的な行動レベルに落とし込んで進んでいきましょう。

 ただし個々の目標設定は経験値や能力によって異なるべきで、全員同じレベルである必要はありません。

 低い目標を設定して達成したからと言って高い評価が得られるものではありません。今の自分の現状より少し上のレベルの目標を設定し、チャレンジしていってほしいと思っています。

 また道路交通法が改正になり、安全運転管理者設置事業所(6台以上の社用車を所有)には運転前の飲酒チェックが義務付けられました。10月からはアルコールチェッカーの使用も義務付けられるそうですが、業務で運転する人はもちろん、通勤で車を利用する方も深酒をして翌日にアルコールを残さないよう注意してください。

令和4年3月の講和

更新日:2022/03/07 16:31 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染対策の継続について」でした。

俊野常務の講話「ハラスメント研修」から

 皆さん おはようございます。先日、役職者を対象にハラスメント研修が行われました。ハラスメントと注意・指導の線引きをわかりやすく説明いただきましたので、おおよそのことは理解できたのではないかと思います。職場教育に適切な指導は必要だと思います。そしてそのためには、何がわかっていて、何がわからないのかを明確にしておくことが大切です。

 またパワハラを恐れて注意や指導ができなくなってしまうようでは本末転倒ですので、お互いの理解を深められるようコミュニケーションをとって、聞きやすい、言いやすい職場にしていきましょう。

 聞くことと言えば、父が亡くなって8年経つのですが、生前父に聞いておけばよかったと思うことがありました。今日の職場の教養のテーマである「慣例」についてです。我が家のお正月行事や先祖祭のことで、なぜこうするのか疑問があり、いつか聞こうと思っているうちに亡くなってしまいました。近所に父の兄が住まわれているので、一度聞いてみようと思っていましたが、何かきっかけがあるときにと先延ばししていたら、年末に体調崩され、コロナ禍で面会できないまま亡くなってしまいました。早く行動を起こしていればと後悔しました。お通夜の席で不謹慎かなとも思いましたが、父の弟にあたる伯父からある程度のことを聞くことができ、ちょっとすっきりしました。

 日常生活や仕事においても聞くべき時に聞いておかないと、いまさら聞けないということがあります。そうなると知ったかぶりをして過ごさなければならないことになってしまいますし、あやふやな知識の上に積み重ねていってしまうと砂上の楼閣になりかねません。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言うことわざがあるように、知らないことやわからないことは素直に聞く姿勢を持ち、いい人間関係を築いていきましょう。

令和4年2月の講和

更新日:2022/02/08 14:02 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「オミクロン株について」でした。

俊野常務の講話「『普通』のレベルを上げる」から

 先日、アーティスティックスイミング(2017年まではシンクロナイズドスイミング)の指導者の井村雅代さんの講演を聴く機会がありました。もちろんWEBですけれど…。
井村コーチといえばとても厳しいイメージがありますが、指導のポイントは、厳しい声掛けもしますが決してマイナス言葉で終わらせない。頑張ることを具体的に考えさせますとおっしゃっていました。

 中でも印象に残ったのは「普通」のレベルをあげるというお話です。
井村さんは、プール内でアドバイスを聞くときは立ち泳ぎで聞くというルールを定めていたそうですが、選手によって胸まで水面から出るくらいの立ち泳ぎをしている選手もいれば、かろうじて耳が出ている程度の立ち泳ぎ、もはや立ち泳ぎと言えずただ浮いているような状態で話を聞いている選手もいるそうです。胸の下まで水面に出るか出ないかは採点に大きく影響するそうで、疲れていてもきちんとした立ち泳ぎをしている選手とそうでない選手では実践で大きな差が出るそうです。

 また朝食を例に、毎朝一汁三菜の食事をとる人と菓子パン1個で済ます人、どちらも「私は朝食をとっています」と答えるでしょう。しかしバランスの取れた朝食とそうでない朝食、これを長年続けると体の成長や脳の発達具合などに明らかな差が出てくるでしょう。したがってその人にとっての「普通」のレベルを上げることが大切です。ということでした。

 私たちは、このコロナ禍の生活が2年も続いたことで、以前よりも感染対策への意識はかなり高くなり習慣化していると思います。あきらかに感染対策に対しては「普通」のレベルが上がっていると言えます。そして感染対策に関しては、一部の人ではなくみんなが出来ているのがポイントです。かつ持続させることが大切になります。

 持続させると言えば給与同封文書でご紹介した、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)は2030年で達成するための目標ですが、私は、Sustainable Diet Goals を健康診断までに達成すると決めていますが、全く結果が出ていません。やらない理由はすぐに思いつきます。本当に持続することの難しさを感じています。

 皆さん、より安全で笑顔のあふれる病院であるために「普通」のレベルを上げていけるように頑張っていきましょう。