全体朝礼より

令和2年10月の講和

更新日:2020/10/06 14:49 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「節目」でした。

俊野常務の講話「無意識に注意」から

 皆さん、おはようございます。

 先ほど院長からお話がありましたように。この9月の決算は新型コロナの影響を受けましたが、前半戦の頑張りにより予算比は、若干のマイナスですみそうです。経費はコロナ対策により増加しましたので利益は減少となりましたが、経営が厳しいというレベルではありませんのでご安心ください。ただし、このまま患者数の減少が続くと大変なことになってきますので、いつでも新規の患者さんを受け入れられるよう準備を怠らないようにしましょう。
それはさておき、皆さんは無意識のうちに○○なことをしてしまっていた、という経験はありませんか。

 わたしは、先週の日曜日にちょっと気になったことがあって出勤しました。ちょっとだけだからとジャージにサンダル履きで来ていました。
小1時間ほど仕事をして帰宅したのですが、家の玄関でなんとなく違和感をおぼえていました。しばらくして家内が「パパ、サンダルが違うよ」というので見にいったら、ふだん院内で履いているサンダルが玄関に脱いであったんです。違和感の原因はそれでした。

 普段、出勤して朝礼が終わったらサンダルに履き替えているのですが、その日はサンダルで行ったのに、わざわざ違うサンダルに履き替えて、そのまま帰ってたんです。

 履き替えたという記憶は全くありません。無意識のうちに履き替えていたんだと思います。
サンダルくらいは「ついうっかり」で、笑い話で済ませられますが、ルーティンワークで習慣になっていることもたまにはチェックが必要だと思いました。

 「ついうっかり」からインシデントやアクシデントに繋がらないよう注意しましょう。

令和2年9月の講和

更新日:2020/09/08 15:09 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染対策の継続」でした。

俊野常務の講話「常識の共有」から

 指示されるときと指示するとき、それぞれ気をつけないといけないなと思ったことがあります。

 その場で常識(知識)が共有されているかどうかという事です。たとえば、皆さんは漠然と燃料といわれたら何をイメージしますか?車のガソリンでしょうか、それともストーブの灯油でしょうか。農業機械では、トラクターやコンバインは軽油、田植え機はガソリン、乾燥機は灯油となっていてこれは私の中では常識です。もし私がコンバインに燃料を入れておいてとお願いしたら、わからない人はガソリンを入れてしまうかもしれません。

 また逆の立場でいうと、家内が魚の煮つけをつくっている途中で来客があり、ちょっと見といて…と声をかけて台所を離れたので様子を見ていたのですが、なかなか帰ってこないので火を止めておきました。戻ってきたので「焦げたらいかんから火を止めたよ」と伝えると、「落し蓋をしといてくれたらよかったのに…」と、料理をする人からしたらそれが常識かもしれませんが、よくわかっていない人には細かく指示をしないと自分の思っているようには動いてくれません。そこは理解しておく必要があります。

 気が利かないのと知らないのでは大きな違いがあります。知らない人は知ったら出来るようになる可能性がありますので、指示内容が共有されているかどうか確認する習慣をつけましょう。匙加減という言葉も、ある程度わかっている人同士で通用する言葉だと思います。

 また、間違いやミスを見つけたときは爽やかにその場で教えてあげましょう。後になると言いづらくなってしまう場合があります。咎めるのではなく、その場で注意を促すことも大切だと思います。知識は共有されて初めて常識となるのだということを頭に入れて笑顔のあふれる職場をつくりましょう。

令和2年8月の講和

更新日:2020/08/18 10:03 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「職員の安全確保について」でした。

俊野常務の講話「継続することの難しさ」から

皆さんおはようございます。この数ヶ月色々な制限がありますが「ウィズコロナの生活を確立させましょう」とお話をしてきましたが、私自身これをしようと決意したことが中々継続できていません。

一つはジムを休会したために、「腹回りが緩んできたので腹回りを絞る」と決め、腹筋運動を始めましたが、一日二日実行すると腹筋が痛くなり、無理をしないで今日は休もうと理由をつけて休むとしばらく忘れてしまっていたりします。

また本を読むという事に関しても、皆さんに本をご紹介した時に5冊まとめ買いしましたが恥ずかしながら未だに読み切っていません。これは、アマゾンプライムに加えてネットフリックスを契約してしまったため、ついそっちの方に時間をとられてしまっているからです。

しかし、そんな私でも毎朝仏壇にお茶と水を供えてお参りをしていますし、お墓の掃除にも通っています。

ご先祖様に申し訳ないとか、さぼって家族に何かあったらいけないと思うと継続することが出来ますが、すぐに結果が出ないことや自分だけのことだからと思うとつい甘えが出てしまいます。

皆さんも毎朝の体温測定やマスクをつけることは、習慣化され特に意識をしなくても続けられるようになったと思います。今後一層の自粛生活や感染防止対策を継続するには家族や同僚と意識の共有が必要になってくると思います。

私自身においても、家内や娘が「今日も腹筋をしたの?」と認めていてくれたらもう少し継続できるのではないかと思います。

一歩踏み出すことより続けることの方が難しいこともありますが、共有しあって頑張りましょう。

令和2年7月の講和

更新日:2020/07/08 9:40 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染対策の継続について」でした。

俊野常務の講話「ウィズコロナの日常」から

皆さんおはようございます。

梅雨と夏の気温上昇でコロナウイルスが少しはおとなしくなるかと期待をしていましたが、首都圏ではまた盛り返してきて嫌な感じになっていますね。

ウィズコロナの生活ということで、ビデオを見たり読書をするのもいいですよと、本を紹介したりしましたが、私自身のんびり過ごすことに慣れてしまったのか、時間はたくさんあるはずなのに以前より本を読むペースが遅くなっています。色々やることが多い時には、この時間にここまでは読もうと目標を決めて集中して読んでいましたが、最近では少し読んだらいつの間にか寝落ちしていたりして中々読み終わりません。ナマケぐせがついてしまったのかなと思う反面、時間があるのだからこれでいいのかもと考えてストレスにしないようにしています。

職場においては否が応でもコロナウイルス感染対策に神経を使い、ストレスがたまりがちです。せめてオフの時にはゆっくりとストレスを溜めないように過ごしましょう。

そしてこれから本格的に暑くなってきますが、熱中症に気を付けて体力を維持し抵抗力を落とさないようにしましょう。

また間もなく夏の賞与が出ます。院長からお話があったように今回は年初からの頑張りにより10周年の昨年よりは減少しますが、例年並みに支給することになりました。しかし今後の患者数の増減いかんでは冬の賞与には影響が出てくる可能性があります。患者さんが安心して来院・入院できる体制を維持して頑張っていきましょう。

令和2年6月の講和

更新日:2020/06/06 9:13 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「北九州の事例から学ぶこと」でした。

俊野常務の講話「新型コロナから学ぶ」から

皆さんおはようございます。

自粛生活が効いてきたのか新型コロナウィルスも少し大人しくなってきましたが、まだまだ油断はできない状況が続いています。

先日、「感染列島」という映画を観ました。2009年に制作された妻夫木聡主演の映画で、日本が未知のウィルスに侵されなんと4000万人が感染し1100万人が死亡するという恐ろしい内容です。数年前に一度観たことがあるのですが、その時は普通にストーリーを追って興味本位に観ていました。しかし今回はついつい医療現場でのシーンが気になってしまい、防護服の着脱の仕方や医師や看護師さんの心理状態などに目が行ってしまい、前回とは明らかに見方が異なっていました。今回の新型コロナウィルスの感染防止対策が意識されているからだと思います。

幸い今のところ当院では感染者が出ていません。皆さん一人一人が他人事とは考えず、我が事ととらえて感染防止対策をとり、私生活においても自粛をしてくれているおかげだと思います。そしてこのことは私たちの感染対策のレベルを大きくアップさせてくれていると思います。

四国地方も梅雨入りしたようです、気温や湿度の上昇によりウィルスの活動が抑えられることを期待していますが、引き続き引き締めていきましょう。

また院長からお話もありましたように4月、5月の売上減少分もカバーすべく新型コロナ対策をとりながらも積極的に患者さんの受け入れもしていかなくてはなりません。ただ年度前半の皆さんの頑張りのおかげで、これからの踏ん張り次第で十分カバーが可能ですのでよろしくお願いします。