全体朝礼より

令和元年11月の講話

更新日:2019/11/05 11:43 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「様々な備えについて」でした。

俊野常務の講話「衝撃の『ぎゃーん行って、ぎゃん行ってぎゃん』」から

 

先日来院された取引先の方からこの病院の職員さんのあいさつは他とは全く違いすごく感じがいいですと言われました。少し距離があったにもかかわらず気づいたらすぐに挨拶をされました。皆さん意識が高いですねとのことでした。笑顔であいさつをするだけでこう言った評価をしていただけます。これからも先手のあいさつは今後も継続していきましょう。

ところで熊本の知り合いを訪ねて行った時のことです。楽しく食事をして飲んで、そろそろ帰ろうかなと思って「駅はどう行ったらいいですか?」と尋ねたところ、「ぎゃーん行って、ぎゃん行ってぎゃん」と言われたので「えっ?」と問い直したところ、そこに居た店の店主も「そうぎゃーん行ってぎゃん行ってぎゃん」と教えてくれました。 再び「えっ?」と問うと、「手を見てください。ぎゃーん行ってぎゃん行ってぎゃん」と言葉に合わせて手が動いていました。「熊本は大体これでわかりますよ。遠い時はぎゃんがあぎゃーんに変わりますがあとは雰囲気でわかります。」とのことでした。 松山でいうなら「まっすぐ行ってそこ曲がってちょっと行ったところ」という感じかなと想像していましたが、実際に行ってみたら「この道をまっすぐ行って右に曲がって少し行って左に曲がったところ」でした。  ほんとにみんな「ぎゃん」って使うのかなと思ってネットで調べたら、ある女優さんがタクシーに乗って使ったとか、ドラマいだてんで金栗四三が走るコースを示す際にも使っていたようです。 同じ環境で育って共通の地理感があればそれで通じるんだなと感心しました。

当院でも阿吽の呼吸で、あれ・それでも正確に全部に通じるようになればいいんでしょうが、安全のためにも5W1Hを踏まえた正確な伝達を心がけましょう。当院では「ぎゃん行ってぎゃん行ってぎゃん」は禁止したいと思います。(笑)
よろしくお願いいたします。

令和元年10月の講話

更新日:2019/10/16 15:14 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「これからの病院」でした。

俊野常務の講話「イメージと記憶」から

 おはようございます。 さきほど院長からお話がありましたように、様々なことが変革していく中で、病院が発展していくためには正しい情報を正しく共有してみんなが同じ方向を向いて進んでいくことが大切だと思います。
 今日の職場の教養にも「言葉の効用」と題して、文字や言葉で伝えることの重要性が記されています。
 先日、セブンイレブンのマークは何色か覚えていますか?って聞かれました。赤とグリーンで文字が白かな?と回答してから、赤と緑で7の文字を構成して文字が白なら看板のベースが白だと見えないから、やっぱり文字は黒だったかな緑だったかな?と思いなおしましたが、実は7の横線がオレンジ、7の縦の部分が赤、文字がグリーンでした。普段頻繁に目にしているのでわかっていると思っていましたが何となくイメージとして捉えてはいるだけで、正確に記憶しているわけではありませんでした。
  もしこれが大切な伝達事項だったらと思うと怖くなります。
先日もこんなことがありました。愛媛オレンジバイキングスのホーム開幕戦がありましたが初日の観客数か1969人で2000人弱と記憶していました。二日目の観客数は1512人と発表があったと記憶していましたが、家内は1700人を少し超えたくらいと発表があったと自信をもっていうので、あれっそうだったかなと自信がゆらいでいました。もし他の人に何人だったと聞かれたら「1700人位ですかね」と答えていたと思います。
 電カルの運用方法や院内マニュアルの改変、病棟の伝達事項など間違った情報が伝わってしまうと大変なことになります。正確に記憶して伝達できるようメモをしたり再確認をするなどして正しい情報が伝わるように心がけましょう。

令和元年9月の講話

更新日:2019/09/04 14:30 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「患者さんにとっての幸せとは」でした。

俊野常務の講話「バウンスバック」から

先日は、スマイルシンデレラの渋野日向子選手の記事をご紹介しましたが、彼女の強さの秘密にバウンスバック(跳ね返る・立ち直る)というものがあるそうです。

パーが基本のゴルフでボギーより悪いスコアを出した後でバーディー以上のスコアを出すことをバウンスバックというのだそうですが、その日本ツアー1位が渋野選手です。
 前回のゴルフでは笑顔だけではスコアは良くならなかったので、昨日のラウンドでは自然なスマイルを心がけリラックスした感じで臨みました。いつもはミスが出ると無理をして取り返そうと力んだり、もう今日はダメだと投げやりになってさらに崩れたりしていましたが、今回は自然なスマイルの効果か、やはりミスは出るのですが冷静さを保つことが出来大崩れはありませんでした。

仕事においてはミスをしないことがベストですが、やはりミスの後の対応が大切だと思います。冷静に対応できるように心に余裕をもてる状態(=スマイル)を保ちましょう。

 それから当院でもデイケアの送迎や訪問看護で運転する機会が増えていますが、学校が始まり朝の道路事情がガラッと変わりますので事故の無いよう気を付けてください。私は歩行者を避けようとして交通標識に接触してしまいました。車も私もへこみました。こうなるとバウンスバックは、お金を払わないとできないので皆さんも気を付けてください。

 

令和元年8月の講話

更新日:2019/08/06 9:49 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「夏場の体調管理」でした。

俊野常務の講話「判断基準」から

暑さも厳しくなりセミの声もにぎやかになってきました。先日、夕方帰宅した時に、子どもたちが何やら「頑張れ!頑張れ!」と声援を送っていたので近づいてみると、羽化する直前のセミを見つけて観察?というか応援をしていました。

「そろそろだね。」と声をかけると「6時までに間に合うかな?」と尋ねてきたので、もう少しかかるんじゃないかなと答えると、また「頑張れ!頑張れ!」と声援を送っていました。6時には帰宅するとの親御さんとの約束があり、なんとかそれまでに羽化してほしいという応援でした。可愛いなとほっこりした気持ちになりましたが、6時を過ぎてしまったので「6時になってしまったけど帰らなくていいの?」と聞くと「もうちょっとだと思うから見てから帰る。」とのことでした。結局6時半になってもそのままで諦めて帰宅していきました。

 私個人の価値観では、羽化の瞬間を見る機会はめったにないことだから、見せてあげたいと思いました。しかし他の家庭では理由の如何に問わず、遅れることは許されないのかもしれません。頭ごなしに叱られたらかわいそうだから連絡してあげようかなとか、とりあえず一度帰らせた方がいいのかななどと考えてしまいました。

今回は子供たちを見てそんなことを考えたわけですが、社会生活や院内でもルールとその運用基準が明確になってなければ統制が取れなくなってしまいます。個々の基準で例外が作られてしまったらコンプライアンスも何もなくなってしまいますし、全く例外を認めなくなってしまったら、それはそれで融通が利かない組織になってしまいます。

現在当院でも通信システムの改変から端末機からの通信に不具合が出ていますが、いたずらに保留状態でお待たせするのではなく、速やかに折り返しのお電話をさせていただくなどの対策は必要です。その判断基準は明確にしておかなくてはならないと思います。理念や行動指針に基づいた判断基準をもちましょう。

令和元年7月の講話

更新日:2019/07/10 8:25 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「今後の展望」でした。

俊野常務の講和「言葉遣い」から

皆さん、おはようございます。

 週末は透析学会に参加してきました。院長からお話がありましたように、当院からも2題エルゴメーターによる運動療法の効果について発表がりましたが、とても関心が高かったようです。透析関連の医療機器も展示されており、高機能ながら使いやすい医療機器も出品されていました。当院としても今後導入を検討していこうと考えているところです。

 話は変わりますが、マナーアップ自己評価を拝見していると5月の接遇研修で言葉遣いについて確認できたことがよかったという感想が多数あがっていました。

実はつい先日、朝起きてみるとアイロンがけしたYシャツがないことに気づきました。朝食の準備で忙しそうな家内に負担を掛けたらいけないと思い自分でアイロン掛けをしようと思いましたがアイロンが見当たらなかったので、家内に「アイロンした(下)?」と問いかけました。家内の返事は「してないよ」でした。「んっ、だからアイロン下?」と再び聞くと「してないよ!」とイラっとした声が返ってきました。ちなみに1階での会話なら問題なかったのでしょうが2階での会話です。「だからアイロンかけるから下にあるの?」というと「イイヨ、今から掛けるから」とこんな一日の始まりでした。私が最初から「アイロンは下?」と助詞を入れて話していたらこんなかけ違いは起きることがなく、お互いに不愉快な思いはせずに済んだのではないかと思います。

何気なく発した言葉が誤解を生んだり、相手を傷つけたりすることがあります。改めて言葉の大切さを認識しました。

皆さんも研修を生かして、気を付けて言葉を遣いましょう。