全体朝礼より

令和3年6月の講和

更新日:2021/06/03 18:24 カテゴリー:朝礼

行動変容

 皆さん、おはようございます。先日新聞に「行動変容」についての記事が掲載されていましたので紹介します。

「行動変容」とは文字通り行動を変化させるということですが、身近な例としては、新型コロナの感染を防ぐためにマスクをして三密を避けるという以前と違う行動をとるようになることなどが挙げられます。記事の一部を紹介します。「昨年、新型コロナウィルス感染症が拡大し始めたころは、国や自治体の指示通りに自粛生活を送る人が多かった。コロナに関する情報が少なく、危険から身を守る行動をとろうと考えた人が」多かったために、その行動もある程度共通していた。最近は、国や自治体の指示通りに行動する人が減っている。行動を要請する根拠が十分に明確にされていないためのように思う。
新型コロナが拡大して時間がたつと、それぞれの人の情報の量や質に違いが出てくる。人にはそれぞれ事情があり、願望もある。それぞれの人が当然と考える行動の間に違いが生まれてくる。認識に違いがある人が共通した行動をとるには、その違いを埋める情報が必要だ。」
という内容でした。

 院内においても、目標を遂行しようとしているのに、勘違いからエラーを起こしてしまったり、良かれと思ってしたことがかえってマイナスになってしまうことがあります。

 正確な情報の不足による認識の違いを起こさないよう、十分な量の正しい情報を共有し全員が同レベルの認識を持てるようにし、このコロナ禍を乗り切っていきましょう。

令和3年5月の講和

更新日:2021/05/15 10:23 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染症対策について」でした。

徹底と継続

 東京や大阪の緊急事態宣言や愛媛や沖縄ほか感染拡大地域でのまん延防止等重点措置期間の延長が検討されていますが、いつまで続くのだろうかという不安と同時に期間がはっきりしていないためにでる緩みがこのGWにも出たのではないかと心配なところです。

 将来の楽しみと今の楽しみを天秤にかけて、将来の楽しみが今よりも上回れば無理して我慢をしているという感覚がなくなり、それに向けて準備を進めることができると言います。しかし、ルーティンワークのみの生活を続けていると、ちゃんと天秤にかけること自体が難しくなり判断を誤ってしまうことがあるそうです。それをなくすためには生活や思考に変化をつけること、例えば筋トレをすることやプロセスをゴールから逆算して考えることやゲームをすることなど気分転換をすることで効果があるそうです。

 私たち医療機関の人間は、ちょっとした緩みも許されない状況に置かれていますので、自分の中で期間を決めて遵守し、それを少しずつ延長していくことがいいのかもしれません。

 じつは先月28日に新居が完成したのですが、敷地内に建築したものですからいつまでに引越しをしないといけないという制限がありません。家内とGW中にはしようねと話していたのですがその日にできることだけをやってのんびりしていたら1週間たってもいまだに中途半端な状態になっています。アパートを借りて退去日が決まっていたら当然ながら確実に終えていただろうと思います。

 しなければならないことは徹底し、かつ根気強く続けて、院内感染はもとより家庭内でも感染しないように頑張っていきましょう。

令和3年4月の講和

更新日:2021/04/05 19:23 カテゴリー:朝礼

新年度を迎えて

 皆さんおはようございます。予想を上回る新型コロナの感染が起きていますが。春になり桜が咲いて新年度を迎えました。先ほど院長からお話がありましたように、昇格や人事異動もあります。各部署でまた各人が新たに目標設定をされることと思います。

 そんな中で、今年も4人の方が資格にチャレンジされ見事合格されました。目標を設定し日々努力した結果だと思いますが、仕事と両立させてのことは立派だと思います。

 目標の設定に関して、イタリアの彫刻家ミケランジェロは「最大の危機は、目標が高すぎて達成できないことではない。目標が低すぎてその低い目標を達成してしまうこだ。」と言っています。低すぎる目標はつまり普通にしていて達成できるレベルは目標ではなく「予定」に過ぎないし、それではこれまでの発想や行動を変えることは難しいということです。しかし自己評価が高いのか目標が低いのかわかりませんが、予定に過ぎない目標をクリアして満足しているケースは意外に多いものです。

 今の自分では実現が難しいと思われる夢や目標を設定しチ、ャレンジし成長していきたいものです。ただしあまりにも高すぎるとやる気が失せてしまいますので、適切な目標設定をして頑張りましょう。

令和3年3月の講和

更新日:2021/03/10 14:19 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染対策の継続」でした。

思い込みは捨てよう

 皆さんおはようございます。今日の「職場の教養」のテーマは「灯台下暗し」そして今日の心がけは「思い込みを捨てましょう」です。

 年明けから孫とコマ回しをして遊ぶようになりました。コマ回しにも段位があるようで、コマを10秒以上回すだけの10級から始まって、1級の空中手のせなど、なんと9段までの技があるそうです。

 その中の6級にヒモかけ手のせという技があり孫がチャレンジしていました。回っているコマにヒモをかけて引き上げ手のひらに載せるという技ですが、孫は片手でヒモをもって引き上げていました。真似してやってみましたがいっこうに上がらないので、子どものころにやっていた記憶を頼りに両手でヒモをもってやってみたところ1回で成功しました。しかし孫たちがやっているように片手で引き上げるのは、どんなにチャレンジしても上手く行きませんでした。

 孫はヒモの反対側を持ったらできるよというのですが、そんなことは関係ないだろうと思いそのまま何度もやってみましたがコマは全然持ち上がりませんでした。

 ところが試しに孫の言う通り反対側のヒモを持って引き上げてみると以外に簡単にできました。よく考えてみればヒモが交差していなっかったので引っかからず上がらなくて当たり前でした。

 ちょっと見た目に同じようでもヒモが交差しているかいないかで根本から違っていました。子供の言うことだからと馬鹿にしないで最初から素直にやってみればよかったと反省しました。

 改めて出来ないと思い込んでいることや、出来るはずだと思い込んでいることを再確認する必要があると感じました。研修などで行われるロールプレイングもそういう機会を与えてくれているんだなと重要性を感じた次第です。メンタルブロックを確認しましょう。

令和3年2月の講和

更新日:2021/02/08 18:04 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「正しい感染対策と情報共有について」でした。

免疫力を高めて乗り切ろう

 皆さん、おはようございます。新型コロナの感染が始まってから早1年が過ぎました。とはいっても昨年の2月にはまだ危機感が少なく、当院でも高知に院内旅行に行きましたし、今ほどはマスクや手指消毒が日常にはなっていなかったと思います。

 この状態がいつまで続くかわかりませんが、院長がおっしゃったようにワクチン接種が行き渡ると一服感は出るかもしれませんが、当面は現状の生活を継続することになると思います。しかし何年後かに振り返って見た時「コロナ前の世界」と「コロナ後の世界」というように生活様式が切り替わっているかもしれません。(たとえばバブル前と後というように)そしてコロナ後の世界ではマスクをすることがスタンダードになっているのかもしれません。いずれにしろ私たちはこの危機をみんな同時に体験しています、そしてみんなで一緒に乗り切っていかなくてはなりません。免疫力を高めて感染しにくく、もし感染したとしても重症化しにくい体をつくりましょう。

ご存知のように免疫力を高めるためには

①適度な活動性と休養のバランス

適度な運動は効果的ですが、オーバーワークは免疫力低下につながるそうなので気を付
けましょう。また睡眠時間が少ないほど風邪をひきやすいなど休養も必要です。

②体を温めること

体温が1度下がると免疫力は30~40%低下するといいます。やはり適度な運動がいいようです。湯たんぽも効果があるようです。

③ストレスを減らすこと

楽観的思考…深刻になり過ぎない、なんとかなるさと考える。ただし仕事は何とかなるさで済まさないでください。
笑い…無理にでも笑顔を6秒間作ると効果があるそうですが、お笑い番組を見て馬鹿笑いをするのもいいでしょう。
皮膚に気持ちいい事をする…マッサージをするのもリラックスできていいようです。

④良質な食事をとり、腸内環境を整える

と、こんなところのようです。笑顔で免疫力を高めて頑張っていきましょう。