全体朝礼より

令和元年5月の講話

更新日:2019/05/13 8:55 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「令和元年」でした。

俊野常務の講話「 令和も笑顔で」

皆さん、おはようございます。

 長かったゴールデンウィークが終わりましたが、院長もおっしゃったように透析室や病棟では通常通りの勤務ご苦労様でした。なかには旅行やレジャーでリフレッシュされた方もいるようですが私が日焼けしているのは、田んぼでトラクターに長時間乗っていたからでゴルフではありません。

 父が亡くなってトラクターを新しい機能付きのものに変えたので、もう4年使っていますが毎年やっつけ仕事でやるもので、よその田んぼに比べてきれいに耕せていませんでした。今年は時間をかけてどうしたらきれいに仕上がるか色々試しながらやってみました。

爪の回転速度を変えたり、ロータリーの押さえる角度を変えたり、使ったことの無いレバーをいじってみたりと試行錯誤していました。終盤に差し掛かって爪についた土を落としていた時に、いつもきれいに耕している近所の方が、「今年はゆっくりやっているからきれいに仕上がっているね。」と声をかけてくれました。「色々試してみたんですがよくわからないままで…」と話すといろいろと教えてくださいました。まったく意味のないところもいじっていたようでした。掃除の仕方も教えてくださったのでもっと早く訊いていれば良かったと思いました。

 ここで問題点が2つあります。一つはよくわからないまま試行錯誤をしていたので、今回教えていただけなかったら、まだ正解に近づけないままに作業をしていただろうという事です。

 現在、当院でも電子カルテ導入により作業の正確さと効率アップを目指していますが、わからないままの積み重ねではミスに気づいたときに大幅なやり直しなんてことになってしまいます。今のうちに基本をしっかりと理解しましょう。

 もう一つは、トラクターを購入した時に細かなことまでは説明を聞かなかったことです。説明書にもどうすればきれいに仕上がるかなんて記載はありませんので調べようがありませんでした。当院でも健康診断等で何らかの異常や疑いが出た方に、健診結果の報告で終わらせるだけでなく、どうするべきか選択肢を提示して差し上げるようにしていますが、よくわからない方にでもわかりやすくお知らせするということが大切だと思います。

 新しい令和の時代も笑顔のあふれる病院でありたいと思いますのでよろしくお願いします。

平成31年4月の講話

更新日:2019/04/05 17:18 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「新たな10年のスタート」です。

俊野常務の講話「無事に桜が咲きました」

皆さんおはようございます。今日は、新しく入職される職員の紹介や10周年の勤続祝、お子さんの入学祝等たくさん褒賞がありますので私の話は手短にしたいと思います。

昨年4月末に病院の庭に植えた桜が無事に花を咲かせてくれました。植樹した時に十分な水をやらないと根付かないですよと言われて大変気を遣いましたが、事務部の皆さんのご協力もあり無事にまだ数輪ですがかわいらしい花を咲かせてくれています。水をあげただけで無事に咲いてくれましたが、何の知識もなかったので一度毛虫の消毒をしただけでした。今更ながらですが、調べてみると本来は1月か2月頃に寒肥という肥料と花が終わった5月にお礼肥をするのだそうです。植えるときに調べるのが常識だと思いますが、今頃になって調べているのですから我ながら情けない限りです。

電子カルテの運用もそうですが、初めてのことは知識不足や手順が悪かったりしてなかなか思うように結果が出せないことも多いと思います。去年よりは今年、今年よりは来年と少しずつでも進歩していきたいものです。平成もあと1か月で終わりますがしっかり頑張っていきましょう。

平成31年3月の講話

更新日:2019/03/07 14:42 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「まもなく10周年」です。

俊野常務の講話「電子カルテ運用にあたって」

おはようございます。院長のご挨拶にも「春らしくなりました」とありましたが、今朝Yさんが、「常務さん、これ駐車場の横に生えていました。」とつくしを見せてくれました。子供の頃にはこの辺りでよくつくしとりをしていたので、懐かしく感じたと同時にほっこりした気分になりました。
それはさておき、先日NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組で、名古屋大学病院の医師長尾能雅教授が医療安全専門の医師としてとりあげられ「医療が高度で複雑になれば、ヒューマンエラー、コミュニケーションエラー、システムエラーなどのほころびが生まれ、それは時に不幸な医療事故につながります。これらのリスクに全力で向き合い、患者さんの安全確保に努めるのが、私たちの使命です。 現在名大病院はJCI(国際病院評価機構)に沿った、世界標準の患者安全体制の導入に取り組んでいます。私たちは、日本一安全で、質の高い国立大学附属病院を目指します。」という理念のもと「逃げない、隠さない、ごまかさない」という信念で、主治医などに聞き取りを行い、事故の原因を徹底的に追及し、院内で起きるさまざまなトラブルに毅然と対応する姿が紹介されていました。
1000床を超える病院ですからインシデント報告も月間1000件を超えるそうですが、単なるデータ収集と分析で終わらせることなく再発防止の策を徹底的に練っている姿に共感しました。
当院では今日から電子カルテ運用が始まります。準備でみなさん大変だったと思いますが、慣れてないから仕方がないと思うことや、またこんなことができたらいいなという部分もあると思いますが、早いうちにインシデントや問題点をどんどん出してください。幸いメーカーさんもあと2週間はしっかりとしたフォロー体制をとってくださるそうですので、当院用にカスタマイズしていただけたらと思っています。よろしくお願いします。
なおNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」のホームページで過去の番組も視聴できますので興味のある方は見てください。

平成31年2月の講話

更新日:2019/02/01 17:18 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「感染症対策と新システムへの移行」です。

俊野常務の講話「厳しいときこそ笑顔忘れず」

みなさん、おはようございます。
今日は、いつもより笑顔で登壇しましたので何かいいことがあったのかな?なんて思いませんでしたか。じつは「厳しいときこそ笑顔忘れず」というコラムを読んで共感したので意識して笑顔を作ってみました。今日はそのコラムをご紹介したいと思います。
寒くて乾燥した日が続いている。寒いと顔つきまで厳しくつらい感じになってしまうので注意が必要だ。
厳しくつらそうな表情が続くと気持ちまで落ち込む。「笑う門には福来る」という言葉があるが、これは科学的にも正しいとされる。笑顔になると心身が健康になる。心の内面の動きと表情や姿勢などの関係については、専門的に「インサイドアウト」と「アウトサイドイン」と言われる関係がある。
「インサイドアウト」というのは、こころの内面が外見に影響するという関係。楽しい気持ちになるから笑うし、悲しい気持ちになるから泣く。一方「アウトサイドイン」というのはその逆で、笑顔になれば楽しい気持ちになるし、背筋を伸ばしてしっかりした姿勢をとれば気持ちにも張りが出るという関係だ。
意識的に笑顔を作り漫画を読んだときの反応と、厳しい表情で読んだときの反応を比べた研究があるが、笑顔のときの方が、漫画が面白いという評価が明らかに多かったという。笑顔は身体的な健康にも良い影響を与えるという研究結果も報告されている。
よく知られているのは、米大リーグに入団した時に撮った写真が笑顔だった選手は、普通の表情だった選手に比べて選手寿命が長かったという研究結果だ。
今年一年、厳しい状況があるかもしれないが、笑顔を忘れないでほしい。

大リーグの入団のときの写真で選手寿命に差があるというのは意外でした。
当院では、これから電子カルテの導入準備が佳境に入っていきますが、苦手だからと渋い顔で臨むよりは、新しいことにチャレンジできるという気持ちで、無理にでも笑顔を作って取り組んだ方が好結果を得られると思います。がんばりましょう。

平成31年1月の講話

更新日:2019/01/09 13:34 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「新年を迎えて」です。

俊野常務の講話「亥年の年頭に当たって」

皆さん、明けましておめでとうございます。今年は亥年ですね、当院には5人亥年の方がいらっしゃいます。ただ例年は11~12人年男・年女に当たる方がいるので、当院にとって亥年の方は貴重な存在という事になります。
ところでイノシシというと猪突猛進という言葉が思い浮かびます。亥年は御存知のように12支の最後にあたり、植物に例えると葉や花が散って種に生命を引き継いだ状態をいうそうです。この年は人材育成や設備投資、財務基盤を固め内部の充実を心がけるとよい年と言われています。
院長からお話がありましたように、今年は電子カルテの導入という大きな設備投資が行われますが、それにふさわしい年となってほしいものです。
スムーズに導入し運用していくには全員の理解と協力が必要です。逆に、だからこそ一体感を強めていけるチャンスともいえます。
周りと協調した猪突猛進で頑張っていきましょう。よろしくお願いします。