全体朝礼より

令和3年1月の講和

更新日:2021/01/08 18:20 カテゴリー:朝礼

俊野常務の講話「「ぶる」のではなく「らしく」を目指そう 」から

 皆さん、明けましておめでとうございます。また年末年始にも勤務に当たってくださった皆さんお疲れ様でした。

 さて今年2021年は丑年ですが、結和会が発足した平成21年も丑年でした。ちょうど一回りしたことになります。

 丑年といえば、子年に蒔いた種が芽を出して成長する時であるとか、また牛歩(ゆっくり歩んでいく)などが思いつくのではないかと思います。

我が家では、毎年正月の朝に私が考えるその年のテーマを伝えることが恒例となっています。今年はコロナのことがあって家に集まることが出来なかったのでラインで伝えることになってしまいましたが、『「ぶる」のではなく「らしく」あれ』をテーマにしました。
「ぶる」はふりをするということですから本当の中身が伴っている状態ではありません。
一方「らしい」は根拠や理由のある推量をさす助動詞ですが、名詞が前につくと、○○らしくとなります。例えば医療人らしくとか父親らしくなど、○○に相応しい、中身が伴った状態を意味します。ふりをするのではなく本物を目指したいと思いこのテーマに決めました。

 皆さんもコロナ禍の中で、業務だけでなく私生活においてもストレスが多いこと思いますが、自分のなるべき姿を目指していただければと思います。今年も笑顔で頑張りましょう。

令和2年12月の講和

更新日:2020/12/08 15:11 カテゴリー:朝礼

俊野常務の講話「百聞は一見に如かず」から

 皆さんおはようございます。急に寒くなって、朝気持ちよく布団から出られなくなってきました。

 先ほど院長よりコロナ禍の中での生活のあり方についてお話がありましたが、皆さん「今年の賞与はどうなるんだろう」と気になっているのではないかと思います。正直言ってコロナ禍により患者さんが減少しているので、前年の10%減で予算を組んでいましたが、9月末の決算では前半戦の頑張りが利いて何とか前年をキープできました。したがって賞与も見直しをしています。管理職の皆さんは若干マイナスとなるかもしれませんが一般職員の皆さんはほぼ前年並みの見込みです。大きく減額とはなりませんので賞与での支払い計画がある方も心配しないで大丈夫です。

 それはさておき、今、自宅を建築中なのですが、外壁の色から始まって壁紙や照明など様々なことを決めなければならず大変でしたが、やっとある程度落ち着きました。外構については車庫と農機を置く場所を取り、残った空間に植木を植えてシンプルな塀をつくる程度でいいと思っていたので、私のイメージを簡単な平面図にして家内に説明しました。ところが日本語の分からない外国人に話しているのかというくらいイメージが伝わりませんでした。

 しかし、このところコロナ禍で出掛けることもないので、ウォーキングを一緒にするようになり、道々色々な家の外構を一緒に見るようになりました。それでやっとイメージを共有できるようになりました。「百聞は一見に如かず」と言いますがまさにその通りだと思います。

 子どもは親の背中を見て育つといいます。また研修等でも文字だけでなく映像を見た方がわかりやすいですし、更にロールプレイングで実際にやってみると更に理解しやすいと思います。「わかったつもり」ではなく「わかる」「正確に共有する」ことが出来るよう工夫をしていきましょう。

令和2年11月の講和

更新日:2020/11/17 17:06 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「冬場の感染対策について」でした。

俊野常務の講話「記憶」から

 朝晩寒くなり、朝目覚めても布団が恋しい季節になりました。ところで「親の足を洗うⅡ」を先月の給与に同封しました。その中で母がどう思っていたのか聞けなかったと書きましたが、今回長期入院になるため改めて荷物を整理していたら、古い日記が出てきたので、何か感想が書かれていないかとページをめくってみました

 足を洗わせてもらったのはH24年のことですが、一年前のH23年7月以降は何も記されておらずH21年6月27日の日記に「物忘れがひどく頭がボーとする」と記されたのを皮切りにその後も頻繁にそういった内容が書き込まれていました。ある日のページには「頭がボーとしているのも、誰かがしてくれると甘えの気持ちがあるからだろう F子!しっかりせよ。マダマダボケルの早いぞ!」などと記されていました。

 買い物に出かけてはバナナを買ってきて「お父さんが好きやからバナナを買ってきたけど、買い過ぎたからお食べ」とバナナをくれていた母に、「またバナナ?最近ボケてきたんと違う?」なんて返していましたが、そんな思いを抱えていたとはまったく気づいていませんでした。

 現在認知症が進み寝たきりになっている母は、自分で排泄物を片付けることはもちろん、足を洗うことも顔を洗うことさえできません。そんな母にとって足を洗ってもらったり、入浴をさせてもらうことは明らかに「快」だと思います。言葉には表せなくても「快」なのか「不快」なのかは感じていると思います。お礼やご意見を言って下さる患者さんも、何も言わずにベッドに横たわっている患者さんも同様に心のこもった看護・介護をお願いしたいと思います。

令和2年10月の講和

更新日:2020/10/06 14:49 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「節目」でした。

俊野常務の講話「無意識に注意」から

 皆さん、おはようございます。

 先ほど院長からお話がありましたように。この9月の決算は新型コロナの影響を受けましたが、前半戦の頑張りにより予算比は、若干のマイナスですみそうです。経費はコロナ対策により増加しましたので利益は減少となりましたが、経営が厳しいというレベルではありませんのでご安心ください。ただし、このまま患者数の減少が続くと大変なことになってきますので、いつでも新規の患者さんを受け入れられるよう準備を怠らないようにしましょう。
それはさておき、皆さんは無意識のうちに○○なことをしてしまっていた、という経験はありませんか。

 わたしは、先週の日曜日にちょっと気になったことがあって出勤しました。ちょっとだけだからとジャージにサンダル履きで来ていました。
小1時間ほど仕事をして帰宅したのですが、家の玄関でなんとなく違和感をおぼえていました。しばらくして家内が「パパ、サンダルが違うよ」というので見にいったら、ふだん院内で履いているサンダルが玄関に脱いであったんです。違和感の原因はそれでした。

 普段、出勤して朝礼が終わったらサンダルに履き替えているのですが、その日はサンダルで行ったのに、わざわざ違うサンダルに履き替えて、そのまま帰ってたんです。

 履き替えたという記憶は全くありません。無意識のうちに履き替えていたんだと思います。
サンダルくらいは「ついうっかり」で、笑い話で済ませられますが、ルーティンワークで習慣になっていることもたまにはチェックが必要だと思いました。

 「ついうっかり」からインシデントやアクシデントに繋がらないよう注意しましょう。

令和2年9月の講和

更新日:2020/09/08 15:09 カテゴリー:朝礼

院長のタイトルは「感染対策の継続」でした。

俊野常務の講話「常識の共有」から

 指示されるときと指示するとき、それぞれ気をつけないといけないなと思ったことがあります。

 その場で常識(知識)が共有されているかどうかという事です。たとえば、皆さんは漠然と燃料といわれたら何をイメージしますか?車のガソリンでしょうか、それともストーブの灯油でしょうか。農業機械では、トラクターやコンバインは軽油、田植え機はガソリン、乾燥機は灯油となっていてこれは私の中では常識です。もし私がコンバインに燃料を入れておいてとお願いしたら、わからない人はガソリンを入れてしまうかもしれません。

 また逆の立場でいうと、家内が魚の煮つけをつくっている途中で来客があり、ちょっと見といて…と声をかけて台所を離れたので様子を見ていたのですが、なかなか帰ってこないので火を止めておきました。戻ってきたので「焦げたらいかんから火を止めたよ」と伝えると、「落し蓋をしといてくれたらよかったのに…」と、料理をする人からしたらそれが常識かもしれませんが、よくわかっていない人には細かく指示をしないと自分の思っているようには動いてくれません。そこは理解しておく必要があります。

 気が利かないのと知らないのでは大きな違いがあります。知らない人は知ったら出来るようになる可能性がありますので、指示内容が共有されているかどうか確認する習慣をつけましょう。匙加減という言葉も、ある程度わかっている人同士で通用する言葉だと思います。

 また、間違いやミスを見つけたときは爽やかにその場で教えてあげましょう。後になると言いづらくなってしまう場合があります。咎めるのではなく、その場で注意を促すことも大切だと思います。知識は共有されて初めて常識となるのだということを頭に入れて笑顔のあふれる職場をつくりましょう。