ゆうわブログ

心に響いた研修会

更新日:2018/04/15 15:25 カテゴリー: 広報部

先日、松山東雲女子大学の杉本先生をお迎えし、「認知症の患者さんに教わること」と題して研修会がおこなわれました。

講演の中で紹介されたエピソードでは、杉本先生が長きに渡り多くの認知症の方と寄り添いながら歩んで来られたことが手に取るように感じられ、心に深く染み入りました。

認知症の方は言葉が上手く使えないだけ。

認知症になると感性は10倍になる。

認知症の方の行動には理由がある。

心に刺激を与える音楽。

・・・1時間という限られた時間の中で、たくさんのことを学ぶことができました。

“もっともっといろいろなお話、聴きたかった”

そういった声があちらこちらから聞こえました

杉本先生はオカリナ演奏者でもあられる。

 

 

 

聴かせていただいたオカリナ演奏にも感動し、今にも涙腺が壊れそうになりました

患者さんにも聴かせてあげたい

 

 

今回学んだことを大切に胸に留めておきたいと思います